FC2ブログ
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

アクアリウム
FC2カウンター
プロフィール

hummertry

Author:hummertry
古代魚 大型魚大好きです!
ダトニオ、パーチが乱舞する
水槽を作るのが夢です。
いつかは必ず実現したいですね。

バナー
当ブログのバナーです
最新記事
訪問者様
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
GoogleMaps(グーグルマップ)衛星写真表示
名古屋駅付近上空 定期的に変えていきます

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン

2012.12.18    カテゴリ:  メイン水槽 

   これはデカすぎると思う

外付けオーバーフロー用のタンクをパーチに真っ二つに折られ、困り果てた揚句、

使用出来ないタイプのタンクを購入してしまい、ネットで見つけたタンクがようやく来ました。

受注生産みたいでかなりの時間がかかりましたよ。


画像 032

そんでもって取り付けてみたのがコレ。 

 でかっ


でかいし、仰々しい。


画像 030


現在の給水ポンプがRioの1700だから、これだったら、2500とかそれ以上でも大丈夫でしょう。


前のSMNのサイフォンボックスがコンパクトで良かったなぁ。


しかし、もう、どこにも在庫がありません。倒産したのか?


画像 031

サイフォンボックスと水槽の隙間が1.5cm位あるので、とりあえず、発砲スチロールをかまして固定。

右の方に見えるグリーンのホースが外付け濾過からの給水ホースです。

このホースの取り付け方には気を使います。

このホースの先が水槽内に深く入っていると停電時にホースから水が逆流して、下手をすると

外付け濾過から水が溢れ出してしまいます。


サイフォンタンクの方は、給水が止まれば、自然に排水は止まるので良いのですが。


最初、魚に弾かれたら怖いので、給水ホースを上部濾過の中にセットしてみました。

電源を止めて、仮停電状態に・・・

水槽からの排水はやがてストップ。よしOKだなと思ってしばらく眺めていたら、

外付け濾過の水位が次第に上昇してくるではないですか。

給水パイプの先端が、しっかりと上部濾過内の水を吸って、逆流現象を起こしていました。

停電って事は、上部濾過のポンプも止まるので、逆流するといっても、水量は限られていますが、

それでも水漏れは怖いので、水槽内に落ちるようにセットしました。

当然、パイプの先端と水面とは離れています。


地震が怖い、魚のアタックが怖い、停電が怖い 水漏れが怖い  ヒーターの暴走が怖い

電気代が怖い(11月と12月の金額の違いに愕然) 拒食が怖い

何と高リスクな趣味だことでしょう。



古代魚でブログランキングに参加しています  応援して下さい










スポンサーサイト
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン
電気(ヒーター)代や地震時の心配等、ホントにハイリスクな趣味ですよね(;´▽`A``


しかし、それらのリスクを打ち消してくれる要素がたくさんある趣味であるのは間違いないですかね~ww

HIROさん お久ぶりです。

バラマンディを放出してまだウジウジしているhummertryです。

大食いなあの子が十分な餌を頂けているのかとか。

HIROさんもハイリスクな趣味をお続けのようでw

来年も良い年でありますように。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ph6.4 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。