Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

アクアリウム
FC2カウンター
プロフィール

hummertry

Author:hummertry
古代魚 大型魚大好きです!
ダトニオ、パーチが乱舞する
水槽を作るのが夢です。
いつかは必ず実現したいですね。

バナー
当ブログのバナーです
最新記事
訪問者様
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライドショー
GoogleMaps(グーグルマップ)衛星写真表示
名古屋駅付近上空 定期的に変えていきます
カテゴリー 《 メイン水槽 》   全41ページ
このページのリスト
--.--.--  
  スポンサーサイト
2014.08.07  
  こんな感じで
2014.01.28  
  かわぇー
2014.01.19  
  再移動
2014.01.14  
  ストレス
2014.01.07  
  良い事 悪い事 ► 次のページへ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン

2014.08.07    カテゴリ:  メイン水槽 

   こんな感じで

久しぶりの更新です。
熱帯魚は飼育しています。が、大きく入れ替わりました。

我が家の看板魚のダトニオ長男を失いました。

潜れなくなって苦しんで、苦しんで、最後は生きてましたがすくって冷凍ストッカーの中に入れました。

永遠の別れです。


現在の飼育魚は150水槽にウルトラとゲオ2、コロンビア♀1.

120*90水槽にダトニオ次男、モトロ♂1、過背金3の構成です。

それと水草水槽(エンゼル3入り)と餌金専用水槽1を維持・管理しています。

ダトニオ長男の死は確かにショックでしたが、それでモチベーションが下がってブログを休止していた訳ではありません。


私生活、仕事での変化があって放置していました。

熱帯魚飼育の熱はそんなには冷めていません。 すいません、 多少は冷めました。

IMG_4693.jpg

ウルトラはphを7.0前後で維持しています。水換えは週1。

IMG_4699.jpg
餌は大黒さんのワーム、餌金です。

食欲旺盛で、順調です。近づくと必ず目線を合わせてくるので可愛いですね。

IMG_4735.jpg

過背金1号です。セミショートみたいな感じで、金の上がりもいい感じになってきました。

ダトニオ長男を失ってからダトニオ次男、モトロ、過背金1号だけになってしまいました。

過背金1号の餌食いが細い為に、思い切って過背金2号、3号を同時に投入してみました。

IMG_4733.jpg
先住の過背金1号は強気で2号、3号の鰭を噛みまくり、悲惨な状態になりました。

IMG_4730.jpg

しかし、環境に慣れてきた2号、3号は1号に対して反撃するようになりました。

IMG_4728.jpg
先住というアドバンテージは長くは続かないようです。

3週間程すると、大分、水槽の中は落ち着いてきてたまに小競り合いするような状況になりました。

IMG_4723.jpg

しかし、私がそう見えただけであって、当人達の緊張感が緩む事は無かったのでしょうね。

IMG_4721.jpg

環境が落ち着いてくると今度は、ダトニオ次男がアロワナにチョッカイを出すようになりました。

逃げ回る事の方が多いですが、たまには、頬を膨らませ、反撃しています。

目的であった、過背金1号の食欲は随分と上がっています。

というより、3匹のアロワナの食欲はすさまじいものがあります。

ワームの奪いあい、ダトニオ次男の為に投入した餌金の奪いあい、

モトロの為に投下した乙姫も口に入れる(吐き出さない)

究極は、ダトニオ次男の為に投下した冷凍キビナゴの奪い合い(過背金1号は参加しません)

何だか、パーチを飼育していた頃を思い出します。

常にお腹を空かしているようです。

お腹が空いている時に水槽に手を入れ掃除を始めたりすると手に攻撃を仕掛けてきたりするヤツもいます。

とりあえず、しばらくはこのメンバーで飼育していく事になると思います。



スポンサーサイト
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン

2014.01.28    カテゴリ:  メイン水槽 

   かわぇー

IMG_4680.jpg
これは、水槽の横(60cm×60cm)の部分から撮っています。
横から覗くと嬉しいみたいです。
結構、ガン見で離れません。餌くれーってな訳で無いみたいなんですよね。
実際、餌をあげてももっさり食べる事が殆どです。

IMG_4671.jpg

仕事から帰って来ると大抵はこんな感じでボーーっとしていますが、部屋に入るとグルグルと泳ぎ出し、
サイドから観察すると何だか嬉しそうです。

IMG_4673.jpg


暇だったとアピールしたいのか?


IMG_4676.jpg

サイドから見ていると、水槽の奥まで行かずに半分位でUターンしてきます。

すごく愛着がわきますね。

正面からの観賞でも近づいてきますが、サイドよりはよそよそしい気がします(笑


他のブログのアロワナもよく部屋に入るとずーーっと観察されているようだみたいな記事がありますが

正にその通りの感覚です。

ダトニオも水槽の前に座るとガンガンと前面に来ますが、間違いなく餌クレですもんね。

アロワナの場合は、何かを語りかけて来る気がしてならないです。

こんな所もアロワナ飼育の魅力なのかもしれません。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン

2014.01.19    カテゴリ:  メイン水槽 

   再移動

どうしてもウルトラが動かないので、仕方なく、150水槽へ戻してみました。

部屋を明るくすると動かなくなり、電気を消すと、速効で泳ぎ出します。

電気を消している時に餌を与えますが、かなりの量を食べてくれます。

150へ戻してみると・・・

IMG_4650.jpg

部屋の明かり点け、水中蛍光灯点けで、ふつう~~に泳いでくれました。

IMG_4644.jpg


120は何がいけなかったのかわかりません。水槽が低い位置だったのが嫌なのか?

とにかく、神経質な部類に入るのではないでしょうか。

IMG_4653.jpg

IMG_4658.jpg

短期間で2回も移動させて申し訳なかったですが、もう、移動することはないでしょう。

同居はゲオ×2とチビモトロ♀1です。

IMG_4663.jpg


こちらは元に戻ったダトニオ達。

長男は現状維持ですが、綺麗だった尾鰭はバラケ、血が滲む始末。

次男がここぞとばかりに長男の尾鰭を攻撃するからです。

長男がおかしな泳ぎ方をするので、弱っているのがバレバレなんでしょうね。

モトロにとってはこちらの水槽の方がPHが高いので、居心地は良いと思われます。


しかし、アロワナ飼育って色々あって大変ですが、一つ、一つ勉強していこうと思います。

長い付き合いになるでしょうから。 にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン

2014.01.14    カテゴリ:  メイン水槽 

   ストレス

ウルトラがストレスを抱えたようです。

2日前位から着底して動かない事が多く、水質のせいかストレスかを疑っていました。

まず、サイドフローの給水の水流が結構強いのでそこを改善してみたのですが変化無し。

次に上部ライトがメタハラでキツイのかと思い消しましたが変化無し。

次に部屋の明かりを消しましたが変化無し。

次に水中蛍光灯を消すと・・・  途端に泳ぎ出しました。

どうやら明かりのせいのようです。


150から移って、見える景色が違って嫌なものが見えているのか?

同じ部屋なので景色は一緒のはずなのですが。


150水槽のライトを点けてみる  泳ぐ

部屋のライトを点けてみる    泳ぐが底の方を泳ぐ

水中蛍光灯を点けてみる     着底

どうやら水中蛍光灯が決定的なような気がします。

暗い状況(隣の部屋の明かりは入っています)だと普通に上層部を泳いでいます。


明るいのが嫌いなアロワナっているんですかね?

150にいた時は、着底は1回も無かったのに。


IMG_4640.jpg


これからはこんな感じの写真しか撮れなくなるんでしょうか。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン

2014.01.07    カテゴリ:  メイン水槽 

   良い事 悪い事

まず、良い事。

ウルトラと過背金が餌を食べるようになりました。

ウルトラは移動してから、明らかに食べる量が増えました。ワームをちらつかせると

飛びかかってくる位です。良かったです。

IMG_4569.jpg
IMG_4565.jpg

この2枚の写真は見た目と近い感じです。

上からメタハラを照射し、水中蛍光灯ありの状況です。

メタハラを消して、水中蛍光灯のみにすると、不自然な赤になりますね。


それと、過背金も餌を食べだしました。

過背金は、環境が激変し、餌を食べるどころではなかったのだと思います。

ようやく慣れたのか、ワームやレッドローチをガンガン食べるようになってくれました。良かったです。



さて、悪い事とは・・・・・

IMG_4554.jpg


昨年の1月にも記事にしましたが、ダトニオ長男の具合が非常に悪いです。

完全に潜れなくなりました。

常に、背中が出た状態です。乾くと危険な事になります。

手で沈めてやると大人しくしています。

浮き袋の調整が上手くできないのか?消化されていないのか?

とにかく、餌を控えて、水温を30℃まで上げてみました。

常に背中が出ていて乾かないのは、時折、水面に水平な状態で浮いているからだと思います。

知らない方が見たら、魚の末期状態に見えるでしょう。本能の自衛手段なのでしょうか。

体力があるので、パッと死ぬ事は無いでしょうが、長くは無い気がします。

ネットで調べても、同じ症状で、完治したような記事を見つける事ができなくて滅入っています。

ウルトラが来ようが、当家の看板魚はダトニオ長男です。

もし、失う事があれば、超絶ショックですね。

一か八か、お腹に針をさしてみようか悩んでいます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン


Copyright © ph6.4 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。